アフィリエイト案件『探し方・選び方』のコツは、誰に売るのか?最初に決めておくこと!

アフィリエイト案件
探し方・選び方のコツは、

『誰に売るのか?』

1人のターゲット・ペルソナを
最初に決めておく事です。

「この人に向けて
役立つ情報を発信していくぞ!」

という、人物像が明確になっていると

アフィリエイト案件が
とっても探しやすくなります。

しかも、ジャンル問わず
いろんな商品を紹介できるから

案件選びの自由度も高い!

  • 実際、どのように案件を
    探していけば良いのか?
  • 案件を決める時の基準は何か?
  • 注意すべき事は何か?

私のブログを例に、詳しく解説していきます。

目次

アフィリエイト案件の
『探し方・選び方』

まずは、ターゲット・ペルソナを決める

アフィリエイト案件を
探しやすくするためにも、

案件選びの自由度を高めて
ジャンル問わず
いろんな商品を紹介するためにも

まずは「誰に向けて情報を届けたいのか?」

ブログのターゲットを
決めることから始めるのが重要です。

【売れるブログ】を育てる手順

この流れで行うと、

アフィリエイト案件が
とても探しやすくなりますし

その後のブログ記事も書きやすくなります。

商品を売るための
導線も作りやすくなるので、

安定的に大きく稼げるブログに
育てたいなら、絶対に必要な手順です。

ブログのターゲットを決めるためには

先にブログのジャンル・テーマを
決めておく必要があるので、

↓こちらを実践してから
アフィリエイト案件探しに入りましょう!

あわせて読みたい
【ブログジャンルの決め方】まずは『自分の強み・価値観』を知ることから始めよう! ブログで大きく稼いでいくためには まず最初に、ブログジャンルを決めることが重要です。 どんなジャンルで、何をテーマにするのかを決めずに、何となく作り始めてしま...
あわせて読みたい
ブログ『ターゲットの決め方』と『コンセプトの作り方』について徹底解説! 需要が大きいジャンルやライバルが多いジャンルでも 正面から戦わない『工夫』をすれば、 しっかり集客して稼げるブログを育てる事ができます。 そのために、重要なのは...

その人は、何を求めている?

ブログのターゲット・ペルソナが決まったら、

  • その人が、何に悩んでいて
  • どんな情報が知りたくて
  • 何を求めているのか?

これを考えていきます。

例として、私のブログの場合は

何に悩んでいる?
  • 内向的で
    組織や集団に属するのが苦手
  • 雇われるのが性に合わない
  • 職を転々としていて、
    将来に対して強い不安感を抱いている
  • 自分に自信が持てない
    (劣等感が強い)
  • 収入が不安定
どんな情報が知りたい?
  • 1人で働ける仕事がしたい
  • ネットビジネスに興味がある
  • どんな稼ぎ方があるのか知りたい
  • 長く安定して、大きく稼ぎ続けられる方法はある?
何を求めてる?
  • 1人で働ける仕事で、
    安定した収入を得られるようになりたい
  • お金は稼ぎたいけど、怪しいビジネスは嫌
  • 人に言っても恥ずかしくないような
    真っ当な仕事がしたい
  • 仕事にやりがいが持てたら嬉しい
  • 自分に自信が持てるようになりたい
  • なるべく人と関わらずに
    大きく稼げるビジネスがしたい

こんな感じです。

  • 悩んでいる事
  • 知りたいこと
  • 求めていること

これらが分かると、

どんな商品を紹介すれば
喜ばれるのか、大体分かってきますよね。

例として、実際に
私が選んだ案件はこちら↓

ブログジャンルが『ネットビジネス』なので

アフィリエイト案件選びの
自由度はもともと高いのですが

『美容系』の案件に関しては
一見関係なさそうですよね。

でも、実はちゃんと
ブログのターゲットに喜ばれるような
作りになっているんですよ。

記事自体は、おすすめのスキンケアや
日焼け止めを紹介しているだけなのですが、

ネットビジネスに興味を持っていて

1人で働ける仕事で、安定した収入を得られる
ようになりたいと思っているターゲットに対して、

サンプルとして
「こんな風に記事を書くと良いですよ」
とお届けしたら、喜ばれると思いませんか?

「この人の発信する
情報は信用できるのか?」

判断する材料として
自分の価値観を伝える記事は役立つので、

自分の価値観を知ってもらい
信頼性を高めることにも

美容系の記事は使えます。

ターゲットの中に、

  • スキンケアは必要最低限でいい
  • 日焼け止めが苦手
  • ファンデーションが嫌い

という人がいたら、もうドンピシャですよね。

確実にブログのファンになってくれるはず。

自分の価値観を伝えて
信頼性を高めるための手段として、
商品を紹介するのもアリなんですよ。

大切なのは、あなたが設定した
『ブログのターゲット』に役立ち
喜ばれるアフィリエイト案件を選ぶこと。

ターゲットに喜ばれる商品であれば
ジャンル問わず、どんな案件でも紹介できます。

アフィリエイト報酬を
10倍、20倍に上げるには?

これはマーケティング的な
考え方になりますが、

『1人あたりの購入単価を上げる』
ことができれば

アフィリエイト報酬を
10倍、20倍に上げることができます。

あなたが決めたブログの
ターゲットが「欲しい」と思うような

アフィリエイト案件を
『複数』選んで
紹介していきましょう。

案件を選ぶ時のポイントは?

アフィリエイト案件を選ぶ時のポイントは、

なるべく『報酬単価の高い』
案件をメインに紹介すること
です。

Amazon・楽天アフィリや
アドセンスをメインにしてしまうと、

報酬単価が低いので
大きく稼ぐのが難しくなってしまいます。

報酬単価が2,000~5,000円の案件を
メインで数件扱って、

Amazon・楽天アフィリを
からめていくのがベスト!

アドセンスは、最初から
導入しない方がいいですね。
(大きく稼ぎたい場合は)

「この商品、紹介したい!」
アフィリエイト案件があるか
確認する方法は?

自分が気に入っていて、

「この商品、ブログで紹介したい!」

と思ったとき、その商品の
アフィリエイト案件はあるのか
確認する方法は、とっても簡単。

  • 各ASPの検索窓から調べる
  • Google・Yahoo!で
    『商品名+アフィリエイト』検索する
  • Google・Yahoo!で
    『商品名+口コミ(もしくはレビュー)』検索する

これで、すぐに分かります。

①各ASPの検索窓から調べる

これが、一番オーソドックスな探し方です。

など、各ASPの検索窓から

『商品名』もしくは
『会社名』で検索してみてください。

検索しても見つからない場合は、

自社運営で、アソシエイトプログラムを
運用しているかもしれないので

②で解説する『商品名+アフィリエイト』
検索で確認してみましょう。

「ASPで検索するの、面倒だな(-_-;)」

という場合は、③で解説する
『商品名+口コミ(もしくはレビュー)』
検索を試してみてください。

②『商品名+アフィリエイト』で検索する

私が扱っている案件
写真ACのアフィリエイトプログラムは
この方法で発見しました。

↓『写真AC アフィリエイト』で検索すると

自社運営タイプの
アソシエイトプログラムがありました。

新規登録すれば、すぐに利用する事ができますよ。

③『商品名+口コミ(もしくはレビュー)』で検索する

↓例として『ヴァントルテ レビュー』で検索してみますね。

美容系の商品は、
アットコスメや有名なメディアが
上位表示されている場合が多いので

↓検索結果2ページ目以降も
チェックしてみましょう。

ヴァントルテのレビュー記事がありました。

実際に、記事にアクセスして
アフィリエイトリンクをチェックしたいのですが…

他人のブログを勝手にスクショして
公開するわけにはいかないので(^_^;)

↓私のブログ記事を参考にして下さい

※ヴァントルテではなく、スキンピールバーの記事になります

テキストやバナーリンクに
カーソルを合わせると、
赤枠のようなURLが表示されます。

『https://px.a8.net~』となっているので、
A8.netにアフィリエイト案件があるという事が分かります。

ASPの飛び先URL
  • 【A8】http://px.a8. net
  • 【afb】http://t.afi-b. com
  • 【バリューコマース】http://ckjp.ap.valuecommerce. com
  • 【アクセストレード】http://h.accesstrade. net

↑このように、各ASPでURLが異なるので

飛び先URLを確認すれば、
どこのASPで扱っているのか一目で分かりますよ。

あなたが紹介したい商品の

  • 商品名+口コミ
  • 商品名+レビュー

で検索して、飛び先URLを確認してみて下さい。

『ASP・自社運営・個人運営』
それぞれの案件を活用しよう!

アフィリエイトといえば

広告主とアフィリエイターを
仲介してくれる
ASPを利用するのが一般的ですが、

Amazon・楽天のように
自社でアソシエイトプログラムを
運用している『自社運営タイプ』

個人で導入している
『個人運営タイプ』もあるので、

↓この方法を使って

  • 各ASPの検索窓から調べる
  • Google・Yahoo!で
    『商品名+アフィリエイト』検索する
  • Google・Yahoo!で
    『商品名+口コミ(もしくはレビュー)』検索する

『ASP・自社運営・個人運営』
それぞれの案件を活用していきましょう。

↓例として、このブログで
掲載している案件を紹介しますね。

アフィリエイト案件の種類

<ASP>

  • エックスサーバー
  • GRC(検索エンジンチェックツール)

<自社運営>

  • 写真AC
  • Rank Tracker(検索順位チェックツール)
  • メルマガ配信スタンド『マイスピー』

新規登録すれば、すぐに利用できる。

<個人運営>

  • ファンブロ!(ブログ教材)

教材を購入したら、
アフィリエイト権利が得られる。

『ASP・自社運営・個人運営』
それぞれのアフィリエイト案件を活用して、

あなたが紹介したい商品を
積極的に扱っていきましょう。

案件を選ぶときに
注意すべきことは?

アフィリエイト案件を
選ぶ時に『注意すべきこと』は、

  1. 商品ページが
    購買意欲をそそらない案件は扱わない
  2. 承認率が60%以下の
    案件は扱わない(aspの場合のみ)
  3. 情報商材を扱う場合、
    もしもアフィリエイトと
    Amazonアソシエイトは利用できない

この3つです。

①商品ページが、購買意欲を
そそらない案件は扱わない

アフィリエイトの役割は、商品を紹介すること。

商品を販売するのは
広告主さんのお仕事です。

なので、あなたがどんなに頑張って
その商品の魅力を伝えても、

商品販売ページ(LP)が微妙だったら

「う~ん…なんか違うなぁ」
「なんか買いづらいな。やっぱやめよう」

と、購入をためらわれてしまう
可能性大です(-_-;)

避けるべき商品ページ
  • 購入や申込みのボタンがどこにあるか分からない
  • 見た目が良くない
  • なんか怪しい

あなたが、実際に商品ページを確認したとき

「これは買いづらそうだな…」

と思ったら、ほぼ間違いなく
『微妙な商品ページ』なので

あなたが、とっても気に入っている
商品だったとしても、扱わない方が良いでしょう。

私も過去に、微妙な商品ページだけど
気に入っていた商品があって

頑張って紹介していたことが
あるんですけど…ダメでした(-_-;)

いっぱいアクセスされてるのに、
全然売れない。

どんなにその商品の魅力を伝えても
クリック率が上がるばかりで、

売上げは全く上がらなかった
という悲しい失敗経験があります…

商品販売ページ(LP)が
微妙なアフィリエイト案件は
扱わないように注意してください。

②承認率が60%以下の
案件は扱わない(ASPの場合のみ)

『承認率』とは、発生した成約
(売り上げ)が確定する確率のこと。

売り上げが発生しても、

  • キャンセルになった
  • 重複による成約だった
  • 期日以内に振り込みがない
  • 受け取り拒否された

このような理由で
非承認になる場合があります。

<承認率の計算式>

(確定件数÷発生件数)× 100 =承認率

自社運営・個人運営の
アフィリエイト案件については
特に気にする必要はありませんが、

ASP案件の場合、

承認率がめちゃくちゃ低い
案件が紛れているので要注意!

承認率70~90%の案件が望ましく
60%以下の案件は扱わないほうが良いです。

せっかく売り上げが発生しても
承認されなかったらガッカリですよね。

なので、案件の承認率は
最初に確認しておきたいところ。

でも…A8.netやafbでは
残念ながら、

ある程度の売上をあげている
レベルの高い『敏腕アフィリエイター』しか
承認率を確認することができません。

そこでおすすめなのが、
最初から承認率を確認できる
こちらのASP↓

この2社なら、まだ稼ぎが少ない状態でも
承認率を確認することができますよ。

レントラックスは、

紹介がないと登録できない
クローズドASPですが

『アフィリエイトフレンズ』という

アフィリエイターと
ASP・広告主をつないで

クローズドASPを紹介してくれる
サイトに登録すれば、

レントラックスに登録できますよ。

私も↓こちら経由で
レントラックスに登録しました。
『アフィリエイトフレンズ』に登録する! 

③情報商材を扱う場合、もしもアフィリエイト・Amazonアソシエイトは利用できない

これは、私の失敗談なのですが…

このブログで情報商材を紹介していたら、

もしもアフィリエイトから
↓サイト登録削除の連絡が来てしまいました。

あわせて読みたい
もしもアフィリエイト【サイト登録削除】情報商材は完全NGらしい… 2020年6月30日、もしもアフィリエイトからこんなメールが届きました。 えっ…Σ( ̄□ ̄|||) 情報商材は紹介しちゃダメなの!? メールには↓こちらの案内もあったので もし...

その後、各ASPの禁止事項を
改めて確認してみたところ

Amazonアソシエイトも
情報商材の掲載がNGだったんです。

他のASPは、真っ当な情報商材ならOK

なので、ブログ教材(情報商材)を
紹介しているこのブログでは
Amazonの商品を紹介する事ができません。

アフィリエイト案件で
情報商材を扱う場合は、

  • もしもアフィリエイト
  • Amazonアソシエイト

2社のASPは
利用できなくなるのでご注意を。

『売れる案件かどうか』は
気にしなくていい!

一般的に、
アフィリエイト案件を選ぶ時は

「売れる案件を選ぼう!」
「ブランド力が高い案件を選ぼう」
「広告に力を入れている案件を選ぼう」

これが鉄則、当たり前で

売れない案件は、扱わないように
しましょうと言われています。

確かに、売れている
アフィリエイト案件は
売りやすいです。

広告に力を入れていて
ブランド力の高い商品と、

世間に全く認知されていない商品。

どちらの方が、売りやすいかと言われたら…

そりゃあブランド力の
高い方に、決まっていますよね。

でも、最初にブログの
ターゲットを決めて

「この人に向けて、
役立つ情報を発信していくぞ!」


という人物像が
明確になっている場合は、

商品の認知度って
実はあまり関係なかったりします。

考えてみてください。

あなたの価値観や考え方に共感して、

「この人の発信する情報は信頼できる」と

信頼を寄せてくれている
読者さんに、商品を紹介したとします。

読者さんは、その商品の購入を
『認知度が高いか、低いか』
で決めるでしょうか?

世間的に全く認知されていない
商品であったとしても、

あなたが紹介してくれた商品だからと
興味を持って、購入を検討してくれる
のではないでしょうか?

あなたが、

「この人に向けて、
役立つ情報を発信していくぞ!」

と思って、心を込めて
ブログを構築していれば

売れている案件だろうが、
そうでないアフィリエイト案件だろうが

関係なく売れるんですよ。

なので『売れる案件かどうか』は
考えなくてOK
です。

あなたが紹介したい商品で
購入しやすい商品ページになっていれば、

売れる案件かどうかは気にせずに
そのアフィリエイト案件を選んでくださいね。

【まとめ】アフィリエイト
案件の『探し方・選び方』

アフィリエイト案件
探し方・選び方のコツは、

『誰に売るのか?』

1人のターゲット・ペルソナを
最初に決めておく事です。

ターゲットを決めたら、その人が

  • 何に悩んでいて
  • どんな情報が知りたくて
  • 何を求めているのか?

これを考えて、ターゲットに
喜ばれそうな商品を探していきましょう。

ターゲットに喜ばれる商品であれば
ジャンル問わず、どんな案件でも紹介できます。

案件を選ぶ時のポイントは、

なるべく『報酬単価の高い』
案件をメインに紹介すること!

報酬単価が2,000~5,000円の案件を
メインで数件扱って、

Amazon・楽天アフィリを
からめていくのがベストです。

アフィリエイト案件の探し方
  • 各ASPの検索窓から調べる
  • Google・Yahoo!で
    『商品名+アフィリエイト』検索する
  • Google・Yahoo!で
    『商品名+口コミ(もしくはレビュー)』検索する
案件を選ぶときの注意
  • 商品ページが
    購買意欲をそそらない案件は扱わない
  • 承認率が60%以下の
    案件は扱わない(aspの場合のみ)
  • 情報商材を扱う場合
    もしもアフィリエイトと
    Amazonアソシエイトは利用できない

『売れる案件かどうか』は
気にしなくてOK!

「この人に向けて、
役立つ情報を発信していくぞ」と

あなたが、心を込めて
ブログを構築していれば

商品の認知度は
関係なく売れますから。

あなたが決めたターゲットが
喜ぶ商品(アフィリエイト案件)を
選んであげてくださいね。

目次