アフィリエイト

GRCはMacでも使えるけど、面倒だしお金がかかる(-_-;)

GRCはMacでも
使えるには使えるのですが…

MacOSに対応しているわけではないので、

Mac上で『Windowsを動かす』ための

面倒な作業が必要になり

お金もかかります(-_-;)

  • どれくらい面倒なのか?
  • どれくらいお金がかかるのか?

解説していきますね。

【GRC推奨】MacでGRCを使うための3つの手段

GRCはMacOSに対応していないので、

MacでGRCを使用する場合

  1. 仮想化ソフトを使って、Mac上でWindowsを動かす
  2. 外部のリモートデスクトップサービスを利用する
  3. Boot Campを用いてMacにWindowsをインストールする

これら3つの手段のうち
1つを実行する必要があります。

すべて有料です(^_^;)

以前は『Wine』という
無料アプリを利用すれば、GRCを動かすことができたのですが…

残念ながら、現在のMacOSには対応しておらず

利用することができないんですよ(-_-;)

そのため、MacでGRCを動かすためには

『Windowsを動かす』
ための料金が、プラスで必要になります(^_^;)

①仮想化ソフトを使って、Mac上でWindowsを動かす

仮想化ソフトは、簡単に言うと

Mac上でWindowsを動かすための
仮想的な物理環境を作るソフトです。

難しいことは、私もよくわからないのですが

物理装置(CPU・メモリ・ストレージ)の一部を借りて、仮想的な物理環境を作ることで、

Mac上でWindowsを
動かすことができるらしいです。

仮想化ソフトは

  • Parallels Desktop
  • VMware Fusion
  • VirtualBox

など、複数存在します。

私は試しに『Parallels Desktop』を使ってみました。

↓こちらの記事と動画を
参考に、ダウンロードしてみたのですが…

英語アレルギーの私には地獄でしたよ(-_-;)

まずは、無償で試用できる『Insider Preview版』のWindowsをダウンロードして、

(全部英語のページで、拒絶反応出た…)

2週間無料トライアル版
『Parallels Desktop 16 for Mac』をダウンロードして、

ParallelsにWindowsをインストールして…

(全部英語で表示されるのよ。もうめまいが…)

Languageを日本語に設定して、

GRCをダウンロードしたら文字化けしちゃったので、システムロケールを日本語にして、

何故か日本語入力エラーになるので

(もう嫌。゚(゚´Д`゚)゚。)

↓こちらの記事を参考に

『Google 日本語入力』をインストールして、

なんとかGRCの基本的な
使い方はできるようになったのですが…

↓ポップアップ画面?が一部
文字がギュッとして、読めなかったのが気になりました(^_^;)

動作自体は問題なかったです。

『Parallels Desktop 16 for Mac』を
使った場合の料金

  • 買い切り:8,345円
  • サブスク:9,818円/年

購入するなら、買い切りがおすすめですが

GRCを動かすためだけに
購入するのはおすすめしません(^_^;)

②外部のリモートデスクトップサービスを利用する

外部のWindowsサーバーサービス

  • さくらのVPS
  • お名前.com デスクトップクラウド for Biz
  • ConoHa for Windows Server

などを利用すれば、

MacからWindowsサーバーに
リモートデスクトップ接続する事ができます。

ネット上にWindowsパソコンを持てるようなイメージですね。

この方法だと、Macだけでなく

iPhoneやiPadからも
GRCを利用することができます。

ここに魅力を感じる方には
おすすめできるサービスではあるのですが…

毎月サーバーの利用料がかかります(-_-;)

  • 【ConoHa】979円/月
  • 【さくら】1,100円/月
  • 【お名前.com】1,677円/月

(1番安い料金プラン)

GRCのスタンダードプラン(990円/月)を利用する場合、

毎月1,969円〜2,667円支払うことになります。

↓導入方法も、こちらのブログを読んだ感じだと

手順が多くて、ちょっと難しそうな印象。

Parallelsで疲れきってしまい、

試しに導入する事ができませんでした(-_-;)

(ゴメンナサイ)

③Boot Campを用いてMacにWindowsをインストールする

Boot Campは、Appleが提供している

MacにWindowsを
インストールするシステムなのですが…

残念ながら、Apple Silicon搭載(M1)Macは

Boot Camp『非対応』

私はM1 MacBook Airを
使っているので、この方法は使えませんでした(-_-;)

(いや使えたとしても、チャレンジする気力はなかった←おいw)

インテル版のMacを使用している方なら

Boot Campを利用する事ができます。

↓こちらの動画が分かりやすかったですよ。

Boot Campを用いて
MacにWindowsをインストールする場合、

OSを切り替えるたびに
再起動しなければいけないのが

面倒なんですよね。

  • MacからWindowsに
    切り替えるために再起動する。
  • WindowsからMacに
    切り替えるために再起動する。

これがメンドイ(-_-;)

GRCは、毎日動かして順位チェックするものなので

毎日、GRCを動かそうとするたびに
再起動してOSを切り替えなければいけない…

Windowsを購入する必要があるので

もちろんお金もかかる。

GRCを動かすためだけに
Boot Campを用いるのは…やはりおすすめできません(^_^;)

Macで検索順位を計測するなら『ランクトラッカー』だけど…

GRCは、Windowsで利用するなら

料金も安いし、使いやすいのでおすすめなのですが…

Macで利用する場合だと

料金は高くなるし、面倒な作業も増えるので

残念ながら、おすすめできません(-_-;)

そこまでしてGRCを使うくらいなら

ランクトラッカーを使用した方が
楽だし、料金も安いですからね。

私も長らくWindowsで
GRCを使用してきましたが、

Macに買い替えたのを期に
GRCからランクトラッカーへ乗り換えました。

ただ、ツールの安定性は
GRCの方が高いので

安定性が高い方を選びたい場合は、

面倒でも、料金が高くなっても…

Windows環境を用意して
GRCを導入した方が良いかなと思います。

↓詳しくは、こちらの記事をご参考ください。

関連記事