キーワード選定の『考え方』とコツ【初心者向け&分かれば簡単!】

キーワードは、集客の入口です。

入口をたくさん用意して
そのキーワードで検索した人が
『求めている情報をお届けする』ことができれば、

あなたのブログに
たくさんの人(見込み客)が集まり、

悩みを解決するための、手段の1つとして

あなたが、紹介したい商品やサービスに対して、興味を持ってもらい、購入や申し込みを検討して頂く事ができます。

そのために重要なのが『キーワード選定』

1人でも多く、見込み客を集めるためには、正しいキーワード選定を行う必要があるのです。

「うわぁ…なんか難しそう(-_-;)」

「どうやって選定すればいいの?」
「正解が分からない」

そんなあなたの為に、正しいキーワード選定を行うための

考え方や、初心者でも簡単にできるコツについて、詳しく解説していきます。

目次

正しいキーワード選定の『考え方』とは?

キーワード選定の流れとしては、

  1. キーワード候補を洗い出す
  2. 検索意図をリサーチする
  3. 『メインキーワード』と『サブキーワード』を決める

このようになるのですが

まずは、キーワード選定において
一番重要な『検索意図のリサーチ』からお話していきますね。

検索意図をリサーチする事が大切!

キーワードは、集客の入口であり

見込み客が、求めている情報を探すための『質問』でもあります。

正しいキーワード選定を行うために、あなたがすべき事は

見込み客が何を求めていて、何を悩み、何を考え、どんなキーワードを使って検索エンジンに質問するのか?

これを、しっかりと調べることです。

これを『検索意図のリサーチ』と言います。

見込み客が、どうしてそのキーワードを使って、検索エンジンに問いかけているのか?

検索意図をリサーチする事で、あなたの情報を求めている人に対して

適切なキーワード(集客の入口)を用意して、その人が求めている情報をお届けすることができますよ。

そうすれば、ユーザーに喜ばれ
検索エンジンからの評価も高くなります。

では、その検索意図は
どのようにリサーチすればいいのか?

詳しく解説していきます!

必ず必要なもの

検索意図をリサーチするために

必ず必要なものは、この3つです。

あなたのブログが、どんなテーマを扱っていて

誰をターゲットにして、どんなコンセプトで、何を紹介したいのか?

最初に、これをしっかり決めておかないと

そもそも、どんなキーワードを選べばいいのかが分かりません。

『誰のために、情報を発信するブログなのか』

これが分かっているからこそ、狙うキーワード(集客の入口)候補を出す事ができるのです。

まずは、この3つを決めておき

その後で、狙うキーワードの候補を出す→検索意図のリサーチに入りましょう!

検索キーワードは、大きく4種類に分けられる

見込み客が求めている情報を
探すための『質問』である

検索キーワードは、大きく4種類に分けられます。

  • 知りたい
  • 解決したい
  • 買いたい
  • 行きたい

<例>

  • 【知りたい】検索意図って何?⇒検索意図とは
  • 【解決したい】キーワード選定のやり方が分からない⇒キーワード選定 やり方/キーワード選定 考え方など
  • 【買いたい】欲しい商品がある⇒商品 通販/商品 口コミなど
  • 【行きたい】行きたい場所がある⇒○○ 行き方/○○ 周辺など

これを頭に入れておくと、狙うキーワードの候補が出しやすくなりますよ。

狙うキーワード『候補』の出し方

キーワード選定は

とっても重要で、時間がかかるものなので

1度にすべては行わず、優先順位をつけた方がラクです。

<キーワード選定の優先順位>

  1. 買いたい
  2. 解決したい
  3. 知りたい・行きたい

↑この優先順位は、購買意欲が高い順です。

最も購買意欲が高く、成約に近い

『買いたい』という気持ちが込められた

キーワードから選定していく事が、ブログ収益化の近道になります。

買いたい

『買いたい』という気持ちが込められたキーワードは、

購買意欲が高く、一番成約に近い!

しかも、検索されるキーワードが大体決まっているので、候補を出すのもラクですよ。

  • 商品名 レビュー
  • 商品名 口コミ
  • 商品名 評価・評判

このあたりは鉄板です。

情報商材(インターネットを介して販売される情報)の場合は、

  • 商材名 実践記
  • 商材名 販売者名

なども、よく検索されますよ。

買いたい商品が決まっている訳じゃないけど

「こういうものが欲しい!」

と思って、検索する場合は↓

<例)スタンディングデスク>

  • スタンディングデスク 幅90
  • スタンディングデスク 奥行60
  • スタンディングデスク 軽量
  • スタンディングデスク 昇降式 ガス
  • スタンディングデスク 折りたたみ 昇降

こんな感じで『商品ジャンル+自分の希望』を検索することで、自分が欲しい商品を探しています。

なので、自分が売りたい商品の特徴に

ピッタリ合うキーワードを組み合わせて記事を書けば、

見込み客に、あなたのブログを見つけて興味を持ち、購入を検討して頂くことができるのです。

では、実際にどうやって
『買いたい』キーワードの候補を探していくのか?

ラッコキーワードを使うと
無料で、簡単に調べることができますよ。

(※1日5回までですが、メールアドレスを登録すれば『50回まで』で利用できます)

あわせて読みたい
【ラッコキーワードの使い方】を徹底解説!~便利すぎて手放せない最高のツール~ 無料で利用できるキーワードリサーチツール 【ラッコキーワード】 キーワードの検索需要を調べたりサジェストを深掘して調べたりQ&Aをチェックしたり共起語をチェッ...
  • 商品名
  • 商品ジャンル

この2つに、関連したキーワードから候補を選んでいきましょう。

関連キーワード取得ツールに
あなたが紹介したい商品の

『商品名』『商品ジャンル』を入れて検索すると、

その商品名・商品ジャンルに
関連するキーワードが、ズラリと並びます。

この中から、あなたが設定したターゲットが

検索しそうなキーワードを
候補として、メモしておきましょう。

検索意図のリサーチ方法については、後で詳しく解説していきます。

解決したい

『解決したい』キーワードは

何か悩みや困っていることがあって、

それを解決したいという気持ちが込められています。

  • キーワード選定って、どうすればいいの?
  • なぜやる必要があるの?
  • 初心者向けの方法はある?
  • 考え方から、詳しく知りたい
  • 何かコツってある?
  • 具体的な方法・手順が知りたい

こんな風に、悩んでいる人が

その悩みを解決しようとして、検索エンジンを使って質問しているのです。

では、その『解決したい』キーワードの候補は、どのように出せばいいのか?

↓あなたが決めた

↑ここから、解決したいキーワードを洗い出していきます。

やり方は、至ってシンプル!

自分の頭で考えて、書き出す
関連キーワード取得ツールを利用する

これだけです。

まずは、自分の頭で考えて、キーワードを出せるだけ出してみてください。

『ブログで稼ぐための方法』を教えるブログなら、

  • ブログ 稼ぐ 始め方
  • ブログ 稼ぐ 方法
  • ブログ ジャンル 決め方
  • ターゲット 決め方
  • コンセプト 決め方
  • キーワード選定 考え方
  • キーワード選定 コツ
  • ブログ記事 書き方
  • ブログ記事 SEO
  • アフィリエイト 稼げない
  • アフィリエイト 難しい

このような感じで、思いつくだけ書き出してみましょう。

1回、自分の頭で考えてから
ツールを使って関連キーワードを洗い出したほうが、

不思議と、効率良く
作業を進められるのでおすすめです。

ひと通り書き出し終わったら
関連キーワード取得ツールを使って、候補を洗い出していきます。

<1つのキーワードで検索>

  • ブログ
  • アフィリエイト

<2つのキーワードで検索>

  • ブログ 稼ぐ
  • ブログ ジャンル
  • アフィリエイト 稼げない
  • アフィリエイト 難しい

まずは1つのキーワードで検索して、出てきた関連キーワードの中から、

自分が決めたターゲットが
検索しそうなキーワードをピックアップしていき、

次に、そのピックアップした2つのキーワードで検索して

出てきた関連キーワードの中から、候補を探すことで

よりターゲットが検索しそうな
キーワードを、調べる事ができますよ。

↓例)まずは1つ

↓例)次に2つ

上記の画像を参考に、あなたが決めたターゲットが

検索しそうなキーワードを
ピックアップしてみてくださいね。

ちなみに、キーワードが1つだと『単一キーワード』

2つ以上は『複合キーワード』と呼ばれています。

単語数で呼ばれることもあり、
1語キーワード・2語キーワードとも言います。

単語数が多い方が、検索意図が分かりやすいので

2語・3語のキーワードを狙うのがおすすめです。

検索意図のリサーチ方法については、後で詳しく解説していきますね。

知りたい・行きたい

『知りたい・行きたい』キーワードは

  • 興味があることについて知りたい
  • 行きたい場所の行き方や周辺情報について知りたい

という気持ちで検索されているので、

購買意欲は『買いたい・解決したい』キーワードよりも低いです。

そのため、キーワードの優先順位も低い。

まずは、買いたい・解決したい
キーワード候補を洗い出して

検索意図を調べていく段階で、

「これは扱った方が良さそうだな」と思う、知りたい・行きたいキーワードが出てきたら、

採用するという流れがベストかなと思います。

検索意図の具体的な『リサーチ方法』

『買いたい・解決したい』
キーワード候補の洗い出しが完了したら、

検索意図のリサーチ開始です!

リサーチ方法は、とっても簡単。

<検索意図のリサーチ方法>

①まずは、ライバルサイトをチェックする
⇒検索意図が分かれば①のみで終了

②Q&Aサイトをチェックする
⇒深掘りして調べておきたい場合のみ②も行う

詳しく解説していきますね。

ライバルサイトをチェックする

ライバルサイトというのは、

キーワード検索したとき、上位に表示されているサイトの事です。

最低でも1~10位、できれば1~20位までをチェックして

  • ライバルが強すぎないか(自分のブログは上位表示できそうか)
  • どんな内容の記事を書いているのか(質問に対する答え・模範解答を見る)

この2点を確認していきましょう。

  • ライバルが強すぎたら、そのキーワード候補は採用しない
  • 戦えそう(上位表示できそう)なら、記事の内容もチェックしていく

最初に、洗い出した『買いたい・解決したい』キーワード候補の中から、

ライバルが強すぎない(もしくは弱い)キーワードのみを残し、

そのキーワード(質問)に対して

どんな答えを、ライバルサイトは返しているのか?

記事の内容を確認することで『模範解答』を知ることができます。

この作業は、キーワードごとに行う必要があるので

キーワード候補が20個あれば20回、30個あったら30回、

↓このチェックを行います。

  • ライバルが強すぎないか(自分のブログは上位表示できそうか)
  • どんな内容の記事を書いているのか(質問に対する答え・模範解答を見る)

「うわぁ~…面倒くさい(-_-;)」

と思うかもしれませんが、この作業はめちゃくちゃ重要なんですよ!

ライバルが強すぎるキーワードで、いくら頑張って記事を書いても、上位表示するのはかなり難しいですし

模範解答を知っておかないと、そのキーワードに対して返す『答え』を間違えてしまうかもしれません。

もし間違った答えを返してしまっていたら、ライバルがさほど強くなくても、記事の内容(コンテンツ力)で負けてしまい、上位表示できない可能性があります。

上位表示できなければ、検索エンジン経由でアクセスを集める事ができない…

つまり、大きく失敗する可能性が高まってしまうのです(-_-;)

嫌ですよね…

大きな失敗を避けるためにも、成功を掴み取るためにも、

ライバルチェックは怠らないようにしましょう!

♦ライバルの基準♦

<強すぎる(絶対勝てない)>

  • 企業サイト(公式サイト、ニュースサイトなど)
  • 専門家が運営しているサイト(医療系、健康系、美容系、金融系など)

<やや強い(戦えない事はない)>

  • 運営歴が長い個人ブログ

<比較的弱い(いける!)>

  • 無料ブログ(アメブロ、はてなブログなど)
  • Q&Aサイト(Yahoo知恵袋、教えてGooなど)

1~10位に、企業サイトや専門家が運営しているサイトが並んでいた場合は、

ライバルが強すぎて絶対に勝てないので、キーワードの採用を見送りましょう。

やや強いライバル・運営歴が長い個人ブログは、短期間で追い抜くのはムリですが…

長期戦なら戦えないことはない。
トライしてみる価値アリです!

無料ブログやQ&Aサイトが、1つ以上あった場合は

ライバルが比較的『弱い』状態にあるので、かなり狙い目ですよ^^

洗い出したキーワード候補の、ライバルチェックが全て完了したら

次は、ライバルが『やや強い・比較的弱い』キーワードの

1~10位(できたら1~20位)をチェックして、

どんな内容が書かれているのか、確認していきましょう。

タイトル・見出しを
メモしていくだけでOKです!

これだけでも、どんな内容が書かれているのか十分分かります。

ラッコツールズの『見出し(hタグ)抽出』を使うと、

上位10サイトの
タイトル・見出しを一括抽出してくれます。

無料で使えるので、是非活用してみてください。

ライバルチェックが、完了した段階で

狙うキーワード(質問)に対して
どんな記事(答え)を書いていけばいいのか?

大体、把握することができます。

この時点で、検索意図(ユーザーが何を悩み、考え、求めているのか)が分かっている場合は、

ライバルチェックのみで
検索意図のリサーチを終えてOK!

「まだちょっと、ボンヤリしてるな」
「もっと深掘りして、検索意図を調べておきたい」

という場合は『Q&Aサイトのチェック』を行い、

狙うキーワードの検索意図を、さらに深堀りしていきましょう!

Q&Aサイトをチェックする

検索意図のリサーチは、

キーワードを検索した人が、何を求めていて

何を悩み、何を考えて、そのキーワードで検索したのか?

これを、しっかりと調べることです。

ライバルチェックが完了した段階で、すでに検索意図がはっきり分かっている場合は、Q&AサイトのチェックはやらなくてOK!

  • 検索意図が、まだボンヤリしている
  • もっと深掘りして調べたい

という場合のみ、Q&Aサイトのチェックを行います。

調べ方は簡単!

ヤフー知恵袋に、狙うキーワードを入力して

質問の内容を、チェックしていくだけです。

Q&Aサイトで、リアルな悩みを確認することで

検索意図を明確にしていきましょう。

狙うキーワードで検索しても、悩みが出てこない場合は

少し言葉を変えて、検索してみてください。

表示順序は『関連度順』にしておいた方が

悩みを発見しやすいので、そのままでOK。

リアルな悩みを確認することで、

キーワードを検索した人が、何を求めていて

何を悩み、何を考えて、そのキーワードで検索したのか?

しっかりと調べて、検索意図を明確にしておきましょう。

検索意図のリサーチが完了したら

最後に、キーワードの分類作業を行いましょう。

『メインキーワード』と『サブキーワード』に分けていく作業です。

『メインキーワード』と『サブキーワード』を決める

『メインキーワード』は
1番、上位表示させたいキーワードで。

『サブキーワード』は
上位表示できたら嬉しいキーワードです。

例えば、このブログ記事の場合、

↓狙っているキーワードはこちらです。

  • キーワード選定 簡単
  • キーワード選定 コツ
  • キーワード選定 考え方
  • キーワード選定 初心者

この4つの中から、1番上位表示させたいキーワードを選ぶのです。

私は、考え方に重きを置いて解説したいので

<メインキーワード>

キーワード選定 考え方

<サブキーワード>

キーワード選定 簡単・コツ・初心者

このように、決めました。

あなたが一番、伝えたい気持ちが強い単語を、メインキーワードにして

そのほかを、サブキーワードにした方が

記事も書きやすくなりますし、

オリジナリティのある良いコンテンツを作れますよ^^

【まとめ】分かれば簡単!『キーワード選定』考え方のコツとは?

<正しいキーワード選定の流れ>

  1. キーワード候補を洗い出す
  2. 検索意図をリサーチする
  3. 『メインキーワード』と『サブキーワード』を決める

キーワード選定において

最も重要なのは『検索意図のリサーチ』です。

見込み客が何を求めていて、何を悩み、何を考え、どんなキーワードを使って検索エンジンに質問するのか?

これを、しっかりと調べることが大切。

ビジネス的に、難しく考えるのではなく

友達の悩み相談に乗ってあげるような感覚で、

「何に悩んでいるの?」
「何を求めているの?」
「どんな風にアドバイスされたら嬉しい?」

友達とコミュニケーションを取りながら、

相手の感情に寄り添うようなイメージで

リサーチするのがコツです。

キーワードは、集客の入口であり

見込み客が、求めている情報を探すための『質問』でもあります。

あなたのブログに
たくさんの人(見込み客)を集めるためにも、

悩みを解決するための手段の1つとして、商品やサービスに興味を持ってもらい、購入や申し込みを検討して頂くためにも!

正しいキーワード選定を行って

集客の入口を増やしていきましょう。

目次