【質問→回答】HSP・HSS「どうして治そうとしなかったの?」アフィリエイトに執拗にこだわった理由は?

ゆきおか

メルマガ読者様から
質問を頂きました!

頂いた質問

ゆきおか様

初めまして。
メールありがとうございます。

関西在住の元・カメラマンとして、
報道写真を撮っていたアラフォー男子です。

今、自宅療養の身ですが、日々1時間半
ぐらいは、パソコンに向かっています。

つらい状況の中で力を振り絞るような努力を
重ねてこられたんだろうなという感覚が
じわじわとメールから伝わってくるようです。

そんな中で、ふと気にとまったことがありましたので、今日は、そのことについて教えていただけませんか?

特別、「ビジネス」に直接関係はないことですので、簡単にお答えいただけたらと思います。

・「お尋ね」

ネットサーフインしながら、ゆきおかさんののブログに寄せていただいたあと、

早速「プロフイール」に目を通しました。

すると、

・組織や集団が苦手
・雇われることが性に合わない
・内向的

・・・・・等々、

はなからマイナーなコトバが出てきます。

まあ、それなら、他のブログでもよく見かけますので、それほど気になることはなかったと思います。

僕が、「ハッ」として目が留まったのは、

「HSP」と「HSS」という単語でした。

「HSP」の方は、何度か耳にしたことがあるので、多少は知っていましたが、「HSS」は全く知りませんでした。

どうも、「HSP」よりなお症状がひどい場合という感じかなと想像しています。

何故僕が、こんなことを書いているかと言いますと、

そのコトバ云々よりも、「ゆきおか」さんご自身が

そのコトバが示すような状態になっておられたにもかかわらず、

なんで「アフィリエイト」に執拗にこだわってこられたのかな?ということです。

「アルバイトが2日も続かず、仕事も1年ともたない」

いわば、「社会不適応」みたいな症状になっておられたんじゃないかなと、僕は、思ったんですね。

(ゴメンナサイ、これは僕の勝手な憶測なので・・・・)

それだったら、そちらの方を

まず「治したい!」 

と、願うのが普通じゃないのかな?
と、僕は、感じたのです。

実は、僕も以前に「ゆきおか」さんと似たような症状に陥って非常に苦しんだ経験があるんです。

「対人恐怖」がそれです。

カメラマン時代に過労で倒れたのをキッカケとして、

電車の中で、突然、めまい に襲われ、
電車を降りて、ホームにうずくまってしまいました。

自分としては、いったい何が起こったのか
さっぱりわからないまま、ふらふらとして
家路につきました。

この日を境にして、人と会うことに
抵抗をかんじるようになり、外を歩くのさえ
恐怖感をいだくようになりました。

近くのコンビニに行くのにも、夜を
選び、おまけにサングラスをかけて
でかけるという笑うに笑えない経験を
しました。

この時から、僕はこの状態から抜け出すことに必死になりました。

このままだとダメになる! 
と歯をくいしばったものでした。

アーッ、つまらぬことを話しましたが、

そんな経験をしていたものですから、

「ゆきおか」さんは、高校卒業後、「アフィリ」に出会うまで、

何故、その苦しい状況を治そうと
されなかったのかなと思った
んですね。

(ほんとは、されたのかもしれないのですが)

インターネットが普及していたという
社会環境があったからかもしれません。

あるいは、「ゆきおか」さんの「HSP」
と言われる状態が、そこまでシャカリキになって治そうとしなくても、生活する上でそれほどの不都合を感じさせないものだったのかもしれませんね。

それより、「お金の問題」の方が、切実であったのかもしれないと思ったりもします。

以上、

なんか、言いたいことをツラツラとお話
したみたいで、気を害されたら、どうぞ
カンベンしてやってくださいね。

みな、僕の思い違いかもしれませんので、ちょっと、

「ゆきおか」さんの思いを、お聞きしたかったまでなんです。

決して、他意はありませんので。

それでは、今日はこれで失礼します。

太助

ゆきおか

ありがとうございます!
質問にお答えしていきますね。

この質問の答えは、
太助さんのメッセージの中にある

↓こちらが正解です。

あるいは、「ゆきおか」さんの「HSP」と言われる状態が、そこまでシャカリキになって治そうとしなくても、生活する上でそれほどの不都合を感じさせないものだったのかもしれませんね。

それより、「お金の問題」の方が、切実であったのかもしれないと思ったりもします。

HSPというと「病気の名称なのかな」
と思う方も少なくないのですが、

実はHSPって
病気ではなく『気質』なんですよ。

声のトーンや身長みたいなもので、

自分では操作できない
生まれ持った特徴なのです。

簡単に言うと

HSPは『繊細で疲れすぎてしまう』
という気質を持っている人で、

HSSは『刺激を求めるHSP』

⇒好奇心旺盛で刺激を求めるのに
刺激を受けると疲れやすいという
相反する気質を持っています。

↓こちらにHSP・HSSについて語っている
記事があるので、良ければご参考ください。

あわせて読みたい
「そうか、私はHSPだったのか!」納得した。気持ちがラクになった 私は内向的で、組織や集団に属するのが苦手なタイプです。 雇われるという事がどうしても性に合いません。 過去の私は、典型的なダメ人間でした… 高卒のフリーターでア...

普通に過ごしているだけで
ひどく疲れるので、

『なるべく疲れないように工夫する』

というのが、HSPやHSSに
とっての解決策なんですよ。

ただ…

19歳の頃に
軽度の鬱状態になって、

メンタルクリニックで
軽めの精神安定剤を
処方して頂いていた時期があったり…

現在も婦人科で

漢方薬や、軽めの睡眠薬など
メンタルを安定させるための
薬は処方して頂いているので、

心の病気と全く関係ないかと言うと…

そうでもない感じはありますね(-_-;)

確実に分かるのは、

アフィリエイトに出会う前と

アフィリエイトを始めてからの
私の『メンタルの安定度』
全く違うということ。

仕事内容的には、アフィリの方が
難しいし大変ではあるんですけど…

仕事の『苦痛度』
バイトに比べて
かなり少なかったんですよ。

バイトでは感じたことのない
『やりがい』もありました。

そこで気づいたんですよ。

私は今まで、

『仕事が嫌いだから続けられなかった』

と思っていたけど、それは違ったんだなと。

雇われるのが
心底向いていないだけで、

1人でできる仕事なら

難しくても大変でもできるんだなと。

それに気づいてから、

「これだ!」「これしかない!」
「絶対成功してやる!!」

と思って、アフィリエイトに
執拗にこだわってきたという感じです。

自分で考えて、行動して
『自分の力でお金を稼ぐ』

これが、私にとって
メンタルの安定に繋がる事なので、

生活を安定させるためにも
心の平和を保つためにも

自分のペースでコツコツと
売れる仕組みをつくり
強化させていますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ゆきおか

ご質問頂き
ありがとうございます。

頂いた質問は、

今後のブログ運営・メルマガ配信の
励みや参考にさせて頂きます。

目次