アフィリエイト

【アフィリエイトの文字数】1記事あたりどれぐらいが最適?

アフィリエイト記事で
必要な文字数はどれぐらいなのか?

最適な文字数は『狙うキーワード』によって違います。

多すぎてもダメだし、少なすぎてもダメ。

ユーザーが求めている情報量を
きちんと提供してあげる事が大切です。

では、どうやって

『ユーザーが求めている情報量』を知り、

最適な文字数を導き出すのか?

詳しく説明していきますね^^

アフィリエイト記事【最適な文字数】を導き出す方法とは?

①ライバルチェックで、最適な文字数を探る

まず、アフィリエイト記事を書くとき

『上位表示を狙うキーワード』がありますよね。

そのキーワードで検索してみて、

1位~10位までのライバルサイトが、どれぐらいの文字数で、記事を書いているのかをチェックしてみて下さい。

例えば、この記事なら
狙っているキーワードは『アフィリエイト 文字数』です。

『アフィリエイト 文字数』で検索した時、1位~10位までのサイトの文字数はどれぐらいなのか…?

↓実際に、数えてみました。

<ライバルサイトの文字数>

  • 1位:2,028
  • 2位:5,281
  • 3位:5,042
  • 4位:3,833
  • 5位:5,204
  • 6位:6,461
  • 7位:3,983
  • 8位:2,758
  • 9位:2,421
  • 10位:1,923

結構バラバラですね。

『ユーザーが求めている情報』がしっかり入っていれば、

2,000文字前後でも、上位表示できる事が分かりました( ̄ー ̄)ニヤリ!

ちなみに、10サイトの平均は3,893文字。

この結果から、1,900~3,900文字あたりが

『アフィリエイト 文字数』という

キーワードにおける『最適な文字数』であると推測できます。

このように、上位表示を狙うキーワードに対して

ライバルチェックを行い、1位~10位までの文字数を確認すれば、

おおよその『最適な文字数』が分かりますよ( ̄ー ̄)ニヤリ♪

②ライバルサイトの『見出し』をチェックする

おおよその『最適な文字数』が分かったら、次は

ライバルサイトの見出しをチェックしていきます。

ラッコツールズの【見出し(h2タグ)抽出】を使うと、一瞬で確認できるので便利ですよ。

【無料】ラッコツールズで見出しをチェックする

ラッコツールズにアクセスして
左上に、調べるキーワードを入力→抽出ボタンをタップすると

右側に見出しのデータが抽出されます。

右側にある『+』ボタンをタップすると

記事の見出しが、ズラリと表示されますよ。

1位~10位までの見出しが、全部チェックできるので

全て確認して、ライバルサイトが
どんな情報を提供しているかをメモしていきます。

「これは重要だな」と思う内容を、ざっくりメモするくらいでOKですよ^^

『アフィリエイト 文字数』の
ライバルサイト↓メモはこんな感じです。

  • どのくらいの文字数が適切か
  • SEO的には何文字以上が必要なのか
  • 目安はどのくらい?
  • 目安を確かめる方法
  • 文字数の調べ方
  • トレンドアフィリエイト記事の文字数
  • ライバルチェック。検索エンジンで記事の元となるキーワードを検索してみる
  • 文字が多い方がいいのか、少ないとダメなのか
  • そもそも多い・少ないの基準は何なのか
  • 文字数が少なくても上位表示される例
  • キーワードによって最適な文字数が変わる
  • 単に文字数を増やしただけではSEO対策にならない
  • ユーザー満足度を意識するのが理想
  • わかりやすさが全て
  • 読者がわかりやすいように書いた結果として、このくらいの文字数でおさまる
  • 1記事の目安は1500〜5000文字ほど
  • 何文字でもいい
  • ブログに必要な文字数の目安は8,300文字
  • 1万文字とかになると、永遠にスクロールしないと読めない
  • タイトル・ディスクリプションの文字数について
  • コンテンツによるが、最も正確な答え
  • 文字数が増えると、ユニーク単語数が増える
  • 単語の種類が増えると、共起語・関連語に結びつく
  • 記事数を増やすメリットとSEO効果
  • 文字数・記事数の多さ=販売力の強さ

文字数の目安については、結構意見が割れてますね(^_^;)

  • 1500〜5000文字ほど
  • 何文字でもいい
  • 8,300文字

8,300は多すぎると思うけどなぁ~…個人的には。

ともあれ、これで『アフィリエイト 文字数』を検索したユーザーが

求めているであろう、おおよその情報が拾えました。

次は、このメモを見ながら
情報の『共通点』を探していきます( ・ㅂ・)و̑ グッ!

③見出しの共通点を探す

②で書き出した、ユーザーが求めているであろう

『おおよその情報』メモを見ながら『共通点』を探していきます。

ライバルサイトが
共通して書いている情報は、

ユーザーが『絶対に知りたい』情報なので、

ここさえ押さえておけば、ユーザーが求めている情報を、しっかりと記事に入れる事ができますよ( ・ㅂ・)و̑ グッ!

『アフィリエイト 文字数』における
ライバルサイト見出しの共通点は↓こちら。

  • SEO的に、どれくらいの文字数が適切か
  • 文字が多い方がいいのか、少ないとダメなのか
  • そもそも多い・少ないの基準は何なのか
  • キーワードによって最適な文字数が変わる
  • 目安を確かめる方法
  • ライバルチェック。検索エンジンで記事の元となるキーワードを検索してみる
  • ユーザー満足度を意識するのが理想
  • コンテンツによるが、最も正確な答え
  • 長ければいいというわけではない
  • 少なくても、上位表示されるキーワードもある

これが『アフィリエイト 文字数』で
検索したユーザーが、絶対に知りたい情報です。

ざっくりまとめると、

最適な文字数は
キーワードによって変わるから、

ライバルチェックで、文字数の目安を確かめよう。

↑これが、記事に書くべき
ユーザーが求めている情報になります。

私は、この結果を見て

「じゃあ、実際に『アフィリエイト 文字数』を例に、実践型で目安の確かめ方を説明しよう」

と思いつき、この記事を作成するに至りました^^

【まとめ】最適な文字数は『狙うキーワード』によって違う!

アフィリエイト記事で
最適な文字数は『狙うキーワード』によって違います。

多すぎてもダメだし、少なすぎてもダメ。

大切なのは、ユーザーが求めている情報を、しっかりと提供してあげること。

<最適な文字数を、導き出す方法>

  • ライバルチェックで、最適な文字数を探る
  • ライバルサイトの『見出し』をチェックする
  • 見出しの共通点を探す

つまり、ライバルサイトをチェックすれば、全てが分かるという事ですね( ̄ー ̄)ニヤリ!

ちょっと面倒ですが

しっかり取り組めば、SEOに強い記事に仕上がりますよ。

是非チャレンジしてみてくださいね^^

◆↓この記事を書いた人

↓私が実践している【ブログの構築方法】

↑継続的に大きく稼げる方法をチェックする

私の『ネットビジネス実践記』はこちら^^

関連記事