劣等感と向き合う

【オプティマイザー思考】良かった!大嫌いだった考え方を、認める事ができた

私は、純粋に楽しめる『趣味』
というものが、ありません。

趣味は、あるんですよ。

でも「この趣味を活かして、お金を稼ぐ方法はないか?」という事を、どうしても考えてしまいます。

好きなドラマやアニメがあれば
VODアフィリエイトに繋げたいと思うし、

面白い小説やマンガを読んだら
ブログに書いて、Amazon・楽天アフィリエイトに繋げたい。

常に「どうやって記事にまとめるか」考えながら、作品を観たり読んだりしているんです。

イラスト・動画制作、作曲などにも、興味はありますが…

  • 上手くイラストが描けるようになったら、どんな稼ぎ方がある?
  • 動画制作ができるようになったら、どんな動画を作って稼ぐ?
  • 作曲できるようになったら、どのように活かして稼ぐ?

こんな事を考えてしまいます。

『稼ぐ道筋』が思い浮かぶまでは
興味があっても、チャレンジしない。

純粋に楽しもうと思って、始める事ができないんですよ(^_^;)

私は、この考え方が嫌いでした。

好きな事・興味がある事に対して
何でも『お金を稼ぐ』ことに繋げようとする。

なんだか打算的で、純粋に物事を楽しむことができない。そんな自分が、大嫌いでした。

「なんで、いつもお金のことを考えてしまうんだろう…?」

純粋に楽しめる『趣味』を持てない自分に対して、

ずっと嫌悪感を抱いていました(-_-;)

好きなものに対して情熱を燃やし、突き詰めてのめりこむ事ができたら、どんなに幸せだろうか?

目をキラキラさせて、好きな事を語れるオタクの方が、羨ましい。

それに比べて、自分は…

「なんでもかんでも、お金に結び付けようと考えて…卑しい奴だ」

なんて恥ずかし人間なんだろうと、思っていました。

でも、メンタリストDaiGoさんの
『オプティマイザー思考』に関する動画を見て

コンプレックスと嫌悪感で
いっぱいだった、心が洗われました。

「そうか。この考え方は、オプティマイザー思考だったんだ」

「趣味と仕事のベクトルが一緒なのは、悪い事じゃなかったんだ!」

より効率的で豊かな生活を目指して
趣味すらも、お金に変えようとする考え方は

決して、恥ずかしい事じゃない。

『オプティマイザー思考』
というものが、あったんだ…!

なんだか、気持ちがラクになりました。

もちろん今でも、オタクに対する憧れはありますが、オタクの方と比較して自分を責めるのは、やめました。

私は『オプティマイザー思考』で、物事を考えているだけ。

大丈夫!

コンプレックス・嫌悪感を抱く必要はない。

そう思える事ができました。

メンタリストDaiGoさん、ありがとうございます!

◆↓この記事を書いた人

↓私が実践している【ブログの構築方法】

↑継続的に大きく稼げる方法をチェックする

私の『ネットビジネス実践記』はこちら^^

関連記事