リアルな実践記❆

【ゆるせど実践記⑧】Amazonへ納品『1番安い発送方法』は?

中古雑誌を、Amazonへ納品するのに

1番安い発送方法は、ゆうパックのスマホ割です。

スマホアプリを利用して、あて名ラベルを作成すると、ゆうパックの基本運賃から180円割引になったり、

年間10個以上発送すると、次の発送から10%割引も適用されるんですよ。

詳しい料金は、こちらから計算できるので、是非チェックしてみてくださいね( ̄ー ̄)ニヤリ♪

ただですね…↓

ゆるせどの教材では

初心者でも簡単に、FBA納品までの手続きが行えて

自宅まで郵便局員が集荷にきてくれる

『FBA パートナーキャリア』を
利用した発送方法を、紹介しています( ・ㅂ・)و̑ グッ!

『FBA パートナーキャリア』を利用した発送方法については、ゆるせどの教材で分かりやすく解説されていますよ^^

ゆうパックのスマホ割だと、自宅に集荷に来てもらうことができないんですよね。

直接、郵便局で手続きを行わなければいけません。

通常のゆうパックなら、ローソンやミニストップからでも送れますが、スマホ割を利用する場合は、郵便局からでないと送れないんですよ( ノД`)シクシク…

結構、めんどい(笑)

しかも、それで送料が安くなったとしても、1冊あたりにかかる送料を計算してみると、10円弱くらいしか変わらないんですよ。

だったら『FBA パートナーキャリア』の方が、ラクでいいですよね^^

ちなみに私は、ゆうパックのスマホ割を利用するために

80サイズのダンボールを、

自宅から、てくてく歩いて郵便局まで持って行っています(笑)

…!?!?!?!?

Σ( ̄□ ̄|||)

(;゚Д゚)(;゚Д゚)!?!?

えぇ、お察しの通り…わざわざ面倒くさいやり方をして、

FBA パートナーキャリアを利用して
100サイズで送るよりも、送料を10円弱『割高』にしています(笑)

全くもって、意味が分からない…

………(´;ω;`)ブワッ

安くなると思ってたのよーーーーーーっ( ノД`)シクシク…!!!

「スマホ割の方が安いじゃん」と思って

「車持ってないから、歩いて持っていけるサイズのダンボール買おう」と思って

80サイズのダンボール×40を、勢い余って買ってしまったのーーーーー(´;ω;`)ブワッ!!!!!

もう、バカーーーーーー!!!!(笑)

そんなわけで、40枚のダンボールを全て使いきるまでは

郵便局まで、てくてく歩いて
スマホ割を利用していこうと思います( ̄ー ̄)ニヤリ

まぁ、こまめに納品した方が、早く販売を開始できるって事ですからっ

回転率が良くなって、良いじゃないかっ!ねっ!(^_^;)

いい運動にもなるので、自分的には
「まぁ、こんな方法もアリかな」なんてプラスに思っちゃっていますが…

…あなたは、決して真似しないでください(笑)

今後も、ゆるせどを実践していく中で

  • 実践した事
  • 新たな気付き
  • 失敗談
  • 成功体験

など、随時アップしていくので、是非ご参考下さいね^^

『ゆるせど実践記』まとめ

↓レビュー記事をチェックする!

◆↓この記事を書いた人

私の『ネットビジネス実践記』はこちら^^

関連記事