劣等感と向き合う

【雇われるのが向いてない】嫌でストレスでしょうがない!そんな私は、個人事業主の道を選びました。

人には、向き不向きがあります。

雇われる方が楽という人もいれば、

「雇われるくらいなら、死んだ方がマシ!」というくらい、雇われるのが嫌で、ストレスでしょうがないという人もいる。

私も、雇われるのが
心底向いていないタイプの人間です。

束縛が嫌いだから、正社員には一度もなったことがなく

高卒のフリーターで
派遣やアルバイトとして、職を転々としていた時期がありました。

早くて2日、長くても1年で
仕事をやめていました。

辞めるたびに「私、絶対、雇われるの向いてないな…」と思っていました(-_-;)

現在は、1人でできる仕事(ネットビジネス)で生計を立てており

個人事業主として
10年以上、仕事を継続できています。

どうして『雇われるのが向いていない』と思うのか?

私が、雇われるのが
向いていないと思う理由は、

  • 人に指図されるのが嫌
  • 様々な自由が制限されるのがイヤ
  • 理不尽な扱いを受けるのが我慢ならない
  • 安い時給でこき使われたくない
  • サービス残業を強いられるなんて、もってのほか
  • 我慢しなければいけない事が多い
  • 会社の駒として扱われるのが屈辱的
  • 会社のルールを守らないといけない
  • ルールに逆らう人は敵とみなされて叩かれる
  • 波風立てないように、上手く仕事しなければいけないのが嫌

こんな感じです(^_^;)

雇われていた方が楽な人に、こんな事を話したら

「そんなの当たり前でしょ」
「それを我慢してこそ、社会人というものだ」

なんて、思われるかもしれませんね。

「そんなに嫌なら、起業でもしてみれば?」

「もっと人間関係が大変になるよ」

なんて、お説教されそうです(^_^;)

でも、雇われるのが嫌で、ストレスでしょうがない私からしてみれば、

社内での人間関係と
顧客との人間関係は、全然違うんですよね。

私は、人に指図されたり

無理に、上司や先輩に
合わせなきゃいけないのが嫌なのであって、

お客様に対して
真摯に対応する事が嫌なわけじゃありません。

会社の駒として、理不尽に扱われるのが嫌なだけ。

サービス精神が全くないわけじゃないんですよ。

『顧客は大切だけど、会社に尽くす義務はない』

という感じです。

「いや、義務でしょ」
「雇って頂いているんだから、会社には尽くさなきゃダメでしょ」

なんて言われても、私には会社に対する忠誠心が1ミリもないので、全く響きません(^_^;)

だって、一生懸命働いたところで、給料が上がるわけじゃないんですよ?

真面目にやろうが、手を抜こうが、もらえる金額同じじゃないですか。

そもそも、労働量に対して、給料少なすぎ!

こき使い過ぎ!!

「これが、この会社のルールだから」

従わなければ、叩かれる。パワハラが始まる。

そんな会社で雇われることが、苦痛で苦痛でしょうがない。

1人でできる仕事にも
もちろん、大変な事はたくさんあります。

ストレスで体調を崩してしまうことも、度々あります。

それでも、雇われる地獄に比べたら、よっぽどマシ!

会社の駒として扱われる屈辱が、どれほどのストレスなのか…

雇われる方が楽な人には、分からないんですよ。

雇われるのが嫌な人には『1人で完結する仕事』が向いている

1人でできる仕事には

  • 1人で完結する仕事
  • 在宅勤務・リモートワーク

この2種類がありますが、

私みたいに、雇われるのが嫌な人には
『1人で完結する仕事』の方が向いています。

在宅勤務・リモートワークだと
仕事は1人でできるけど、雇い主が存在するので

雇い主とのやり取りを、苦痛に感じてしまう可能性が高いです(-_-;)

私も、クラウドソーシング(仕事を依頼する企業側と、依頼を受ける受注者を繋ぐサービス)を利用して、働いた経験があるのですが…

2ヶ月で挫折しました(^_^;)

<クラウドソーシングで受けた仕事>

  • ライティング
  • データ入力

たくさん応募して
落ちて、落ちて、落ちて

ようやく受注できたかと思えば、最初にテストがあって

テストに通過したら『直接契約』を持ちかけられるケースがほとんどでした。

クラウドソーシングサービスを利用すると、仲介手数料がかかるので

直接契約した方が、仕事を発注する側にとっては得なのです。

でも、これは規約違反。

クラウドソーシングサービスを利用しておいて

「仲介手数料を払いたくないから、直接契約しましょう」という発注者が、多い。多い。

「その方が、あなたも得ですよ^^」なんて、悪びれもなく言ってきます。

『嫌なら、あなたとは契約しませんよ』と、脅されているも同然です(-_-;)

会社の駒ならぬ、発注者の駒…

絶対イヤ!!!

(何度、クラウドワークスに違反報告したか…)

ライティング専門の会社なら、ここまで酷くはないだろうと思ったら

人が『2時間かけて書いた記事』を、何の修正依頼もなく不採用にしてきました。

(”サ○ーワーク○”め…)

どうしても納得いかなくて、異議を申し立てたら

「あなたにとっては微細な間違いかもしれませんが…~~~(ルールを守りなさい的なことを言われました)」

間違いって、数文字ですよ?
修正すれば、問題なく使える記事ですよ?

何で、不採用にするの?
微細な間違いって…

私の2時間を何だと思ってるんだ。
こっちは、真剣に書いたんだぞ!!

  • 1記事目『採用』
  • 2記事目『不採用』→異議申し立て→採用
  • 3記事目『不採用』→異議申し立て→却下

あまりにも理不尽な扱いを受けたので、3記事書いてやめました。

絶対、ライターを駒だと思ってる。

この屈辱は、一生忘れない…

その後、テープ起こし・文字起こしの会社に、履歴書を送ってみたりもしたのですが…書類審査で落ちました(-_-;)

他にも、探せば

いろんな職種の
在宅勤務・リモートワークがあると思いますが…

2か月間、いろいろ試してみた結果
「絶対、向いてないな」と悟ったので(^_^;)

挫折しました。

私には、ブログの構築やアフィリエイトなど

自分で稼げる仕組みを構築する
『1人で完結する仕事』の方が、向いているんだなと痛感しています。

この記事を読んで

「うわ~っ腹立つ!こんな扱い受けるの嫌だ」

と思った人は、私と同じく『1人で完結する仕事』の方が向いていると思いますよ。

【まとめ】向いている事に専念した方が、人生は充実する!

人には、向き不向きがあります。

雇われる方が楽という人もいれば、

雇われることが嫌で、ストレスでしょうがないという人もいる。

私は、雇われるのが
心底向いていないタイプの人間です。

  • 人に指図されるのが嫌
  • 様々な自由が制限されるのがイヤ
  • 理不尽な扱いを受けるのが我慢ならない
  • 安い時給でこき使われたくない
  • サービス残業を強いられるなんて、もってのほか
  • 我慢しなければいけない事が多い
  • 会社の駒として扱われるのが屈辱的
  • 会社のルールを守らないといけない
  • ルールに逆らう人は敵とみなされて叩かれる
  • 波風立てないように、上手く仕事しなければいけないのが嫌

あなたも、私と同じように
雇われるのが向いていないタイプなら、

自分で稼げる仕組みを構築する
『1人で完結する仕事』の方が、向いていますよ。

大変な事も、もちろんありますし
ストレスで体調を崩した経験もありますが、

雇われるストレスに比べたら、よっぽどマシです。

苦しみを乗り越えて、成功できた時の喜びは…最高ですよ。

私は、向いている仕事に
専念した結果、とっても充実した人生を送れています^^

関連記事